ホーム » ネイルの種類

ネイルの種類

ネイルには大きく分けて【ポリッシュ(マニキュア)】 【ジェルネイル】 【スカルプチュア】と、3つの種類があります。

それぞれの種類に長所・短所があります。簡単ではございますが説明をさせて頂きます。



ポリッシュ(マニキュア)

一般的にご自宅で皆様が爪に塗られているのが【ポリッシュ(マニキュア)】です。

 長 所

  • 比較的安く購入できる
  • 自分で簡単に塗れる
  • 除光液で簡単にオフできる

 短 所

  • 乾くまで時間が掛かる
  • 1週間位しか持たない

※ 当店ではポリッシュの取り扱いはございませんジェル・スカルプの専門店となっております。



ジェルネイル

ジェルネイルには大きく分けて2種類あり、一般的に日本のネイルサロンで多く使用されているのが『ソークオフジェル』または『ソフトジェル』と呼ばれており、この他に「ハードジェル」という種類に分かれております。
今回は当サロンで使用している『ソフトジェル』の長所・短所をご紹介致します。

 長 所

  • 3〜4週間程度持つ
  • 爪の強度が上がり折れにくくなる
  • 二枚爪になりにくくなる
  • 独特の綺麗な艶がある
  • ストーン・シール等も埋めることができ、外れない
  • お手入れ後、すぐに手を動かせる

 短 所

  • ポリッシュに比べて高価
  • 爪の表面を軽く傷を付ける
  • ある程度の技術が必要
  • 専用の道具が必要
  • 外す(オフの)際、専用の溶液が必要となり自分では外しにくい
  • オフに時間が掛かる


スカルプチュア

スカルプチュアは、一般的に折れてしまった爪に対して長さだしを行ったり、補強を行う技術です。
当店ではスカルプチュアで長さだしを行ってから、ジェルネイルでアートや艶出しを行います。

 長 所

  • 2〜4週間程度持つ
  • 自分の好きな長さが選べる
  • 爪の強度が上がり折れにくくなる
  • 二枚爪になりにくくなる
  • 独特の綺麗な艶がある
  • ストーン・シール等も埋めることができ、外れない
  • お手入れ後、すぐに手を動かせる

 短 所

  • ポリッシュに比べて高価
  • 爪の表面をしっかりと傷を付ける
  • 専門的な技術が必要
  • 専用の道具が必要
  • 外す(オフの)際、専用の溶液が必要となり自分では外しにくい
  • オフに時間が掛かる
  • オフの際、料金が発生する